これからの注目される資産運用法

資産運用の方法にはいくつかのパターンがありますが、ソーシャルレンディングはファンドに似ているものの違いもあるようです。しかしその年率を見るとかなり魅力的ですが、このソーシャルレンディングのリスクとはどのようなものなのでしょうか。

投資ファンドとの違い

投資ファンドでは、企業に資金を提供して事業を展開し、利益を生み出してもらいます。その利益から配当金として投資家は利益を得るのです。その一方で、ソーシャルレンディングでは、企業にあらかじめ一定の利率で資金を提供し、決まった日に資金と定めていた利率分を返してもらいます。つまり利益の部分で、投資ファンドでは儲けたことによって生み出される利益が、最初の約束で利益が決まるソーシャルレンディングでは大きく異なります。
借り手側から考えると、両者の違いは利益が変動なのか固定になるのかで、その条件次第でメリットにもデメリットにもなりえます。ソーシャルレンディングを利用して固定金利で貸付けらてたのであれば、業績が好転する場合には返済する金額が相対的に下がるので利用するメリットがあります。伸びている業種やマーケットであるほど、借り手に嬉しい資金調達法と言えます。

ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

株式投資などに比べると定額から行えるのが魅力です。また利益につながり易く、その年率も高いので出資金に対して利益が期待できるのが特徴になります。
それだけに気をつけたいポイントもあって、ソーシャルレンディングでの貸付けた金額は、株式投資や投資ファンドなどと同じく元本保証ではありません。
さらに貸付けと言う性質上、その期間の途中解約が出来ません。長期になった場合には、利益の損失が増えた時に早めに手を打つことが難しいと言えます。ソーシャルレンディングで資産運用を行うなら、リスク分散は当然としても、長期間となればそれだけ危険も含まれてくることを理解しておいた方が良いでしょう。出資者にすれば、貸した物がまずはきちんと戻った上で、利益が問われるのです。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングは、ネット環境を利用して、貸し手と借り手をマッチングさせます。そこで、とくに国内では個人が無許可で金貸しを直接的に行うことが出来ません。そこで匿名の組合などを作り、出資者の提供した資金を事業主は金利を加えて返済することになるのです。その時にソーシャルレンディングの取次業者に対して組合や口座などの管理名目で費用がかかります。
またソーシャルレンディングによって得た利益は、税制上、雑費になるので確定申告の対象になり、また他の株式投資や投資ファンドなどとは異なり損益通算が認められていません。
取引額においては、年々増加傾向にある資産運用の新しい形と言えます。それだけに取次業者の選定においても、過去の運用実績など確認が必要です。

みんなのクレジットではさまざまな投資対象案件をご用意しております。 みんなのクレジットの審査をクリアした投資案件だけをご案内しております。 中小企業支援向けのローンファンドにご興味のある方はこちらへ。 投資口座開設から投資まではらくらくたったの4ステップ。 資金を分散して複数の投資をご希望される方もお気軽にご相談ください。 ソーシャルレンディングを通して事業資金を融資してみませんか? ソーシャルレンディングのリスクは?こちらでチェック