これで解決!車検6サイト

home > 車検の予約について > 車検の予約をするときに選ぶポイント

車検の予約をするときに選ぶポイント

 車は基本的に2年に一回車検を受けなければならないということになっています。
ちなみに、新車購入時の1回目は3年後となります。
ちなみに、ディーラーの他に整備工場やガソリンスタンドでも受付をしているところもあります。
そして、依頼するところによって料金が変わってくるため見積もりをしてもらうことも大切です。
その前に知っておいたほうが良いこととして、ディーラーはその車のことを熟知しているという点があります。
そのため、他の整備工場などよりも高めになるのもそのためです。
もちろん、整備工場やガソリンスタンドでも車検の基準をしっかりと守って点検整備が行われます。
はっきりとした金額を知りたいのであれば車を見てもらう必要がありますが、概算であればインターネットで知ることができます。
その時には車種や年式からわかるようになっていて、コースもいくつか用意されています。
とにかく安く抑えたいという人は最低限の点検のみにすることもできます。
それに対して保証などを付けられるコースもあり、車検後も安心して車を運転することができます。

 車検の内容としては法定費用と整備費用に分けられます。
法定費用はどこに依頼しても同じですが、整備費用は変わってくるためそこも判断基準となります。
整備費用の中に保安部品があり、この部分を修理したり交換しないと通らない部品があります。
例えば、ブレーキパッドやライト類があります。
ブレーキパッドなどは汎用品となっているため、いろいろな種類から選べます。
その点、ライト類はバルブ交換だけで住めばいいのですが、ハイマウントストップランプの場合専用品となっているため取り寄せに時間がかかります。
しかも、古い車の場合探すのにも時間がかかることもあり、早めに予約をして取り寄せてもらう必要もあります。
ちなみに、ディーラーでは新品を使うことが多いですが、整備工場などは中古品などを選ぶことができます。
そのため、古い車で費用を掛けたくないという人は、その点も確認することが大切です。

 車検は一か月前から行うことが受付を行っているため、部品の準備などの関係上できるだけ早めに予約をしておくことが大切です。
依頼の方法としては事前に見積もりを取っている場合には電話などで依頼ができます。
ちなみに、保安部品ではない部品に関してはその時に省くことができます。
始めにもあったようにブレーキパッドなどは交換が必要ですが、エアフィルターなどは省くことも可能です。
そして、カー用品店やディーラーの一部ではインターネットから予約を行えます。
ちなみに、早期予約やネット割引が適用されるところもあり、よりお得に車検を受けられるというメリットがあります。
ただ、部品によっては取り寄せや整備に日数が必要な場合もあるため、代車を貸してもらえるかも確認しておくことが大切です。

次の記事へ

ページトップへ